2006年 03月 23日 ( 1 )

集中力

a0045852_14181066.jpg

高知のたけぞう君の所ではもう桜が咲いたとか。北海道の春はまだまだ先になりそうです。最近、また寒気が入り大分解けた雪がまた積もり真冬に逆戻り。冷たい風を背に今日もいつもと変わらぬ平凡なお散歩楽しんでます。(いつもと変わらぬ平凡なお散歩ができる幸せをかみ締め、日々楽しんでいます)
a0045852_14182261.jpg

毎日ポッキーと楽しんでる景色です。特に、冷え込んでるときは絵になりますぅ
a0045852_14185277.jpg

ちょっとした物音には反応するポッキー

a0045852_14185860.jpg

強烈な風に絶えるポッキー

a0045852_1419491.jpg

凍りつく髭

a0045852_14191460.jpg

一気に駆け登るポッキー



今回は、集中力について書いてみました。

そもそも集中力とは何か?集中力とは、1つの目標を達成するために、緊迫感をもって物事に取り組んでいく脳力です。通常、緊迫感を長時間にわたって維持することは難しく、集中力を発揮するためには、意識的に緊迫感を維持していく強い精神力が必要とされます。

ではポッキーにとって興味があって面白いと感じる事に関しては、集中力は意識せずとも勝手に出て、時間 のたつのが早く感じられるものなのです。

又反対に興味がないものに対しては集中出来ず時間の経つのが長く感じすぐに諦めてしまうのです。

だいたい、ポッキーの表情を見れば現在、集中できてるかできてないか直ぐにわかります。興味あるものには、自ら進んで「これしたらこうなって」「ああしたら、こうなる」と・・・こうなったとき「どうすればいいの?」と聞いてきます。こんな状況をどれだけ多く作る事ができるか、このような環境をどれだけ整備してやれば良いかで集中力を高める事ができるような気がしました。

例えば、玄関から外に出たとき。こんなときは、嬉しくて嬉しくて、父ちゃんの目をずっと見ながら様子を伺い、ピョンピョン跳ね回り、「ねえ!何して遊ぼうか・・」と誘ってくれます。その時すかさず、「ボール投げしようか・・・」と言うような感じでコミュニケーションを計ると、その時のコマンド等は劇的に素早く覚えます。しかし、もし以下のように接したらどうでしょう。

①ポッキーを玄関から出し、外に誘う。
②ポッキーへ「ウェイト!」を命令する。
③リードを付けて、そのまま御散歩開始。

どうでしょう。きっとポッキーは②の段階で、「自分モード」に突入し、目先の事しか興味がなくなり本能のまま行動することが多くなると思います。きっと、リードした段階で電信柱にオシッコひっかけ、クンクン始まり、思うようにいかなくなると、ちょっと止まって様子を伺い出します。

そう、集中力を付ける時は、犬本来の本能が目覚める前に、「飼い主と犬が一番楽しい時間をできるだけ長く維持させること

がとても大事な事だと思いました。勿論、そんな気遣いをしなくても家の子は常に飼い主を意識していますと言う優秀なわんちゃんもいるかもしれませんが、残念ながら、ポッキーはこれにあてはまらず、ちょっと目を離せば「自分モード」に突入してしまいます。こうなると、ちょっとやそっとじゃ我に返ってくれません。

皆さんのわんちゃんは、いかがでしょうか?



こんな良い方法を知ってるよ!と言う方は是非教えてください。



          今日もお付き合いありがとうございました。




「にしさんのポッキーの宿へようこそ」



にほんブログ村 犬ブログへ


ここクリックするだけ



投票お願いします


毎日ポッキーの応援ありがとです♪


明日もまた来てくれると嬉しいな♪


[PR]
by Mamoru_Nishimura | 2006-03-23 07:19 | 僕のお庭