セカンドピニオンのお勧め (病院変更)

a0045852_955148.jpg

今朝の北海道はまた真冬に逆戻りでした。氷点下5度とせっかく解けた雪がガチガチに凍り、おまけに雪が積もって景色はご覧の通り。

          今日も元気な映像をご覧ください

a0045852_95510100.jpg

相変わらず喜ぶのはポッキーでした。寒さの苦手なダン君(グレートデン)は足腰ブルブル震えていたけど、後半、急にエンジンかかりご覧のように相撲のはじまりはじまり~
a0045852_9551961.jpg

急に天気が崩れその時面白い風景だったので思わず写真をパチリ!(丘の形状と雲の形状が微妙に同じ感じ。空の鏡に丘を映し出した感じ)


今日は、「セカンドピニオン」について書きます。

どうしても、病気を見つけることができなかった病気を、かかりつけの病院を変えることで病気を見つけることができたる可能性にかける、※セカンドピニオン。この効果は大きいかもしれません。

※セカンドピニオンの重要性

セカンドオピニオンとは、現在の主治医の診断、治療、説明に納得できなかった場合に、他の医療関係者(医師)の意見、『第二の意見』を聞き参考にするということです。さらに他の意見をいう場合は、サードオピニオン(第三の意見)となる訳です。


ポッキーの場合、そんなに大げさな病気(怪我)でなかったけど、病院を変えることで瞬時に病気・怪我を見つけることができたので、ご紹介します。

1.経緯

①お散歩中、仲間の犬と木の枝をカミカミしていた。大きな枝だったので気にも止めなかった。

②「ポッキー!」と呼び戻し、戻ったときから急に口・喉回りの異物を取り除こうと懸命に口を大きく開け両手で取り除こうとしていた。

③父ちゃん驚き、大きく口を開けてみたが、何も無い?おかしい?しかし、ポッキーはとてもいずそうに、両手で異物を取り除こうとしていた。そこに、また遊び仲間のワンチャンが駆け寄りいっしょに遊んだ。

④帰宅途中、再び両手で異物を取り除こうと懸命に手で顔を撫ぜていた。

⑤やがて、その行為も止め普通の生活に戻った。

⑥しかし、以下のような体調の変化があった。

 ・口臭がやたらある(イカの腐った匂い)

 ・歯を磨いても磨いても歯に黄色い皮膜が貼り、臭い

 ・遊んでいる時は普段とまったく変わらないが、家に帰ると手足、顔をペロペロ舐めり続けている。

 ・夜間、落ち着かない。朝まで一度も起きずに寝ていたポッキーだけど、何回も目を覚ますようになった。

 ・食欲は変わらない

 ・うんちの形状普段通り(良いうんち)

 ・おしっこの回数も色も普段通り

⑦喉やお腹に枝が刺さったのかと、手で軽く撫ぜてみたが、わからず。

⑧次の日、獣医で診てもらった。

 医師の診察結果

 特に、元気が無いという訳でもないから大丈夫だと思います。口臭については、肛門腺からの匂いだと思います。なめった匂いが気になるのでしょう。喉も見て見ましたが、異物も無いので大丈夫です。どうしても、気になるようでしたら、レントゲン撮影しますが、今はその必要は無いと思いますが。

 処置

 問診。検温。手で喉・お腹の診察。瞳孔検査(目の玉を見ただけ)。肛門腺のしぼり。

 薬

 なし

⑨事故から5日経過したが、まったく口臭が抜けない。夜間、元気が無い。レントゲン検査の決心をした。

⑩お散歩仲間のバディーママ(セントバーナード犬)より、セカンドピニオンのお勧めがあった。

※獣医さんへ、 ポッキーは毎日歯磨きしてるし、肛門腺だって毎日お散歩から帰ったら絞ってるし、それが原因とは思えないのですが・・・

※父ちゃんはどれだけ心配したか、体重も数キロ痩せた。

2.病院変更

①少し遠いけど、こちらでは定評のある伊達市の病院へ行った。

②先生へ経緯を話した。

③「どれどれ~、あ~あ、上あごに木の枝が食い込んでいるよ」なんと、一分もかからないうちに口臭原因を見つけてしまった。※ 枝の長さは4.5cm太さ6mmと口の中の異物としてはかなり大きいもの。

3.父ちゃんの反省

・喉の奥、歯茎、歯ばかりに目が行って死角であった上あごには目がいかなかった。(弁解になるけど、本当に分かりずらい状態で食い込んでた。上あごの奥歯の両方の歯と歯をブリッジにしたような感じで食い込んでいたので、上あごの模様と重なって見つけずらい状態でした。でも、どうしてプロの獣医は見つけることができなかったのか?)
・もっと早く、病院を変えればよかった。

4.苦しむポッキーの行動

・こんなに大きな異物が食い込んでいたにもかかわらず、散歩時はまったく普段同様元気でした。犬って、我慢強いと聞いてたけど、こんなに我慢強いとは・・・
・とにかく、口臭がひどくて、夜間口と手を異常なぐらいペロペロ舐めっていた。
・普段より、背伸びをしたり、気持ちよさそうにする行動が少なくなった。(普段の正常な行動を今まで以上にもっと詳しく知る必要があると、強く感じた)



皆さん、もしどうしても治らない病気や怪我などありましたらセカンドピニオンしてみてはいかがでしょうか?こんな経験ありましたなど、教えていただけると嬉しいです。



           今日もお付き合いありがとうございました。



「にしさんのポッキーの宿へようこそ」



にほんブログ村 犬ブログへ


ここクリックするだけ



投票お願いします


毎日ポッキーの応援ありがとです♪


明日もまた来てくれると嬉しいな♪


[PR]
by Mamoru_Nishimura | 2006-03-20 07:54 | 僕のお庭
<< 集中力 足裏ケアについて >>