ひとつのいのち

ブログをはじめて明日で2ヶ月が経ちました。

私のホームページでもご紹介している通り、犬を飼うのは初めてです。

勿論大型犬を飼うのも初めてです。

ポッキーは今年2005年1月31日某ペットショップから購入しました。小さい頃から動物はとても好きで一度は犬を飼ってみたいと考えてました。当時、何のためらいも無くペット屋から購入しました。

子供たちもとりあえず大きくなり、益々犬を飼いたいと言う衝動に駆られました。どうせ飼うなら、思いっきり抱きしめられることの出来るGRがいいなぁ~(飼うにあたって、犬の性格、維持費、医療費、散歩、トレーニング、介護、葬式・・・などなど当時は目先事にとらわれて大事なことを忘れがちでした)

とりあえず病気も無く無事一歳を迎えることができました。ポッキーと生活してからは家族ともども癒され、心身ともに健康な毎日を送ることができました。こんなに、楽しいワンダフルな生活を独り占めにするなど勿体無いと考えるようになり「BLOG」を立ち上げることとなりました。2005年10月9日の出来事です。

BLOGを立ち上げることで、全国皆様方と意見を交わしあい、しかも、こんなに素晴らしいお土産までいただくことができました。

















2005年の宝物 その一

私は、車で15分の所にある「室蘭市ダンパラ公園」に毎日お散歩に行ってます。ポッキーと丘を越えあまりにも素晴らしい朝日に感激し一枚の写真をとりました。

a0045852_994947.jpg


早速、BLOGに紹介しました。数日後、olive様がこの絵をイメージしながら素晴らしいポッキーの絵を書いていただきました。

a0045852_9125489.jpg


やはり犬BLOGのウィナーであるボルボル様は、愛犬バブーンちゃんをモデルに写真を撮っていただき、

a0045852_9162726.jpg


リンクまでして頂き当BLOGを紹介していただきました。そのお陰で、ランクアップすることができました。

















2005年の宝物 そのニ

そして、お散歩仲間のセントバーナード2頭飼われている、バディ&ベルナルドママさんには、ポッキーの笑っている写真を撮っていただき、インターネットに公開までしていただきました。

a0045852_9183241.gif


















2005年の宝物 その三

2004年生まれのわんこの会と言う面白いサイトを見つけました。「まりんのゆうたろ」と言うページです。そこには、ポッキーと同じ2004年生まれのかわゆいまりんちゃんが居ました。早速会員登録してすぐに会員証を送っていただきました。
a0045852_15294097.jpg

a0045852_1530684.jpg

今では名刺代わりに使ってま~す。

















2005年の宝物 その四


                   そして、

                   そして、

これが面白い、たけちゃんママさんは、先日公開したポッキーのぞ~さん顔

a0045852_921837.jpg


を見て、「わ~うちのたけぞうとそっくり・・・」ならばと言うことで、

a0045852_922737.jpg


たけちゃんBLOGでも紹介していただきました。私も思うのですが、本当に兄弟のようにそっくりです。生年月日も粗同じ2004年9月生まれです。南国高知のたけちゃん、北国室蘭のポーちゃん、ああ面白いって感じでした。

















2005年の宝物 その五

犬BLOGの閲覧はもはや日課となりました。ある日、モノクロ★ちわわんと言うBLOGではイラストレータのはなおさんと言う方が、ポッキーの絵を書いていてくれたのです。はなおさんに問い合わせて著作権の交渉をして(オーバな言い方でした)ここで改めてご紹介することとなりました。ムヒッ!

a0045852_1025121.jpg


たった、2ヶ月でこんなに素晴らしい方々とお知り会いになることが出来てとても嬉しいです。更に沢山の方々から励ましのお言葉も毎日頂いております。いつまで続けられるか、体力の続く限り、いやいや、ポッキーに約束したんだ。犬BLOG日本一のGRにしてやるからね!っと。

ポーちゃん曰く : 何それ?


動物(犬)の明暗

私は、犬を育てることは初めてだったので、インターネットや一般図書で犬の生活に関する情報収集に明け暮れました。そんな中で、犬と暮らす楽しさ、犬社会、犬と人間、そして動物と人間様様なる世界をホームページやBLOGを通して、今まで考えていたことを、根底から覆すような悲惨な現実をも知りました。そうです。俗に言う保健所での無差別殺戮のこの世のものとは思えぬ悲惨な映像です。網袋に大量に詰め込められて、これからガス室へ送られる子。これから死を迎える事も知らずに、笑っている子。しかも首輪までしているのです。「はやく父ちゃん、母ちゃん迎えに来ないかな~」と飼い主を信じている目です。まったくポッキーと同じ目をしています。

私は思いました。全国民の皆様に、この現実を知ってもらいたいのです。そして、これ以上悲惨な子供たちを増やさない為にも「ひとつのいのち」を通して、悲惨な現実を知ってもらいたいのです。決して目を背けずに文章だけでもいいですから、読んで欲しいと思いました。

私は、「ひとつのいのち」を読み終えた後から、全ての生き物に感謝する気持ちを持つようになりました。電極を差し込まれ感電死する牛や豚。生きたまま皮を殺ぎ落とされる毛皮になる動物達。全て人間の為に死を迎えます。

◎私はこれまでは何も考えず、その肉を食べてきました。車のシートは皮がいいなぁ~。

◎どうせ飼うなら血統書付きの犬がいいなぁ~

ペットペット、ペット産業で過剰なまでに騒がれている日本。そろそろ自己中心的な考え方から脱皮しないと世の中狂ってしまうぞ!既に、他の国では保健所で抹殺される動物は0匹と言う国もあるのです。

今日は、この2ヶ月間で素晴らしい方々との出会いから動物社会の現実について個人の意見としてお伝えいたしました。記事は、12月11日(日)まで先頭記事として公開させていただきます。より多くの方の「ひとつのいのち」の閲覧を願っています。

12月9日(金) 今日、収容期間切れを迎えるゴールデンレトリバーです。勿論、彼には罪はありません。

            悲しいですがほんの一例です。



           お付き合いありがとうございました。

「にしさんのポッキーの宿へようこそ」



にほんブログ村 犬ブログへ


ここクリックするだけ



投票お願いします


毎日ポッキーの応援ありがとです♪


明日もまた来てくれると嬉しいな♪


[PR]
by Mamoru_Nishimura | 2005-12-08 07:27 | 生活
<< ひとつのいのち(尊い命) 新世界 >>